親の学びが子供の学びへ

こんにちは。SS苦楽園校の教室長をしております。山岡です。
先日の地震皆様大丈夫だったでしょうか?
現在大阪に住んでいる山岡ですが、すごく揺れました。めちゃくちゃ怖かったです(笑)
幸いにも大事はなかったですが、皆様も引き続き警戒はしてくださいね。
でも、備えあれば憂いなしとは言いますが、怖いものは怖いです(笑)

さて、昨年の10月~スタートしている親塾について本日は少しお話しさせていただきます。
つい先日(6月3日)の親塾は参加者11人。
今回のテーマは「幸福について」
みなさん最近幸福だなぁと思ったことは何かありますか?
おいしいものを食べた。彼氏ができた。成績が上がった。様々な幸福があると思います。
が、人生の幸福とはいったいなんなのか。
正直難しいですよね(笑)
保護者の皆様も各々に思うことをお話しており、
その中で、少し幸福とはずれましたが、学校の先生によって子供のやる気がなくされてしまうとおっしゃる夫婦のお話を聞いたとき、
涙が出そうになりました。
自分が学校に通っていた時の「こんな先生は嫌い。」「納得がいかない」などの感情。
時代は変わっても未だ変わらず続いているのかと思うと
なんとかしてあげたいと思いますが、
何もできない自分の力のなさに愕然とします。
原因は何なのか。
それは

時代が変わっているのに、変わらない先生(大人)がいることだと思います

自分の時代はこうだった。
自分はこう学んできた。
その観点が大きな間違いだと思います。

大学入試改革?
英語改革?
そんなことよりも、まず改革すべきは、私たち大人の学ぶ姿勢です。

大人になって学ぶ必要がないは大きな誤解です。
大人だからこそ学びを。それが子供の成長に繋がります。

親が学ぶ塾。それが親塾です。

子育て(子どもの幸せ)のために一歩を踏み出し、
自ら学ぶ保護者の皆さまは本当に素敵です。
皆様も是非一度親塾へと足を運んでみてください。
皆様からの言の葉をお待ちしております。
最後までお読みいただきありがとうございます。
それではまた次回!

子どもに教育を
~Pray for Children~

トップへ戻る