2016年度・親子セミナーⅠ 2016年7月18日 講師:岩崎由純 

2016年7月18日/西宮市民会館

自分も他人もその気にさせる全米最先端のコミュニケーション術

セルフイメージ(自分について抱いているイメージ)を上げ、自分だけでなく、他人もその気にさせる分かりやすいモチベーショナルスピーチ、それがペップトーク!

いつもかけていた言葉をほんの少し変えるだけで、やる気が出る!結果が変わる!

img_150920_1

満員御礼!ありがとうございます。

去る7月18日(祝・月)、SSグループ恒例の「夢セミナー」が開催されました。祝日の最終日、アミティホールを埋め尽くす人数の方々にご来場いただきました。この場を借りて、感謝の気持ちをお伝えさせて頂きます。今回、特に驚いたのは、会場のほとんどの方が、「前傾姿勢」だったこと。それほど、まえのめりになれる時間を共有できて、本当に幸せです。

講師:岩崎由純-Yoshizumi Iwasaki-
(1分間で魂を揺さぶる男)

(アスレチックトレーナーとしてアメリカのプロスポーツやオリンピックゲームに携わる。その中で、試合前に監督コーチが選手たちに激励のスピーチを送る姿に感動し、そのエッセンスをコミュニケーションスキルとして体系化。プロスポーツチームはもちろん教育関係、上場企業での講演多数。

■所属:トレーナーズスクエア株式会社 代表取締役社長 NECレッドロケッツ コンデショニング・アドバイザー
■資格:NATA(全米アスレチック・トレーナーズ協会) ATC 日本体育協会 公認アスレチック・トレーナー
■役職:JCCA(日本コア・コンディショニング機構)副会長 JOC(日本オリンピック委員会)元強化スタッフ
■生年月日:昭和34年10月10日(1959/10/10)
■出身:山口県周東町
■高校:山口県立高森高等学校(1978年~1982年)
■留学先:シラキュース大学院専攻科(1982年~1984年)
■専攻:体育科(アスレチック・トレーニング)

ペップ?プッペ?君はどっち?

img_150920_3例えば、大事な場面の直前に「絶対に失敗するなよ!」と声を掛けられるのと、「思いっきり愉しんでこい!」と声を掛けられるのとでは、どちらが力を発揮できそうですか?ペップトークとは、『①短くて ②分かりやすくて ③肯定的な言葉を使った ④魂を揺さぶる ⑤人をその気にさせる』スピーチのことです。その逆が、「プッペ」トーク。多くの保護者さまも「どきっ!」とした瞬間だったのではないでしょうか?『①長くて ②分かりにくくて ③マイナスな言葉を使った ④人のやる気を失くす ⑤怖い説教』がプッペトークです。「ミスるなよ!」と言われると、「ミスした場面」を想像してしまいますよね。そう、ポイントは、その言葉で何をイメージさせるのか、なのです。

『ピンクの象を…イメージしないでください』

いくら後から、「イメージしないでください」と付け加えたところで、今これを読んでいる皆さんも、もうすでに『ピンクの象』をイメージしてしまってますよね!(笑)つまり、イメージは現実化するのです。マイナスイメージや理想すぎるイメージではダメで、「今日までに身に付けた最高の力が発揮できるような」できるイメージに変換してあげることが大切なのだと教わりました。
注意するときにも、「廊下を走るな!」ではなく「静かに歩きなさい」とする。思考は現実化するのですから、『してほしいこと』を伝えます。「風邪引かないでね」ではなく、「温かくして寝てね」と言う。こんなに身近なところにも、改善すべき「プッペトーク」がたくさんありそうですね。

セルフペップトーク

他人だけではなく、自分自身に掛ける言葉も同じです。お気に入りの言葉や名言などでもOKです。いつも持ち歩き、ここぞというときに、声に出して言ったり、心の中で連呼したりしてみてください。「今からテストだ!落ちたらどうしよう…」なんて心配はしても意味がありません。そんなときは、『できる!できる!必ずできる!』・『受かる!受かる!必ず受かる!』などと三々七拍子を唱える方が、きっと力が湧いてきます。

今の自分を受け入れてください

そして、すべての努力が必ず力になっていると信じてください。成功したら喜べばいいし、失敗したらそこから学べばよいのです。失ったモノは数えずに、今あるモノでベストを尽くす。事故で両足を失った世界的トップアスリート、土田和歌子選手は、「車イスしかない」と思うのではなく、「車イスがある」と考えるそうです。今の自分に何があるか。今を受け入れ、今を超える。そんな精神を学べた時間でした。

最後に、岩崎先生が生徒のみなさんにいくつかの言葉を贈ってくださいました。期せずして、「立腰」の文言が登場したときには、普段から言われていることの大切さを実感できたのではないでしょうか。

■克己■
慎独(しんどく)独りの時の行動を正す
立腰(りつよう)腰をたてて姿勢を整える
覚悟(かくご)気を高め心を決める

いつもより皆さんの顔が晴れやかで、本当にステキな会合をお届けすることができました。
次回は12月。お楽しみに!!