子どもたちを成長させる様々な活動の中で、SSゼミナールが大切にしているのは、指導方針。私たちは指導方針を強く追及しています。指導方針の構成は4つです。私たちの想いをご紹介します。

SSゼミナールのコンセプト

「わが子を通わせるならこんな塾、SSゼミナール」

~子どもたちの成長を願い、実現するための指導方針。わたしたちの想いをご紹介いたします。~

1コンセプト 2目指すもの 3基本姿勢 4行動指針

私たちが理念を実現し続けます。

SSゼミナールで働くということは、どのような役割を担うことなのだろう?講師一人ひとりのメッセージを紹介します。

  • みんな素晴らしい才能を持っていますので引出し、輝かせる事を約束します。
  • 彼らがどのような役割を果たし、子どもたちにどのような影響を
    与え、それがどのような結果に結びついているのだろうか

    合格発表

SSゼミナールの目指すもの

SSゼミナールの目指すもの

成績が伸びる指導方法 学力向上SSプロジェクト

SSゼミナールの基本姿勢

私たちは、常に新しい価値の創造を目指し、夢教育の塾風を継承・発展させつつ多目的な課題の解決に挑戦し、子どもたちの知識・文化の発信拠点としての役割を担いながら「SSゼミナールらしさ」を追究いたします。
そして、子ども一人ひとりの豊かな創造性とチャレンジ精神を何よりも大切にし、自らが「感じ」「気づき」「行動する」人財を育みます。
私たちはご両親・お子様・社員とともに成長・発展する「共同成長の精神」に立脚した事業活動を通じて企業価値を高め、すべてのステークホルダーに対する責任を果たします。
私たちは、国際競争力のあるこれからの時代に社会で活躍できる人財育成の礎を築き、地域・社会に貢献していきます。

SSゼミナールが「目指すもの」とそれを実現し続ける「基本姿勢」から出来上がったのが、学年別個別指導コースです。

学年別の個別指導コースはコチラ

SSゼミナールの行動指針

「自己実現」

~課題の解決に挑戦し、子どもたちの知識・文化の発信場所を提供する~

代表 山中保樹

SSコミュニティグループ
代表 山中保樹

「わが子を通わせるならこんな塾」をコンセプトに保護者目線で独自のサービスを展開。
近未来訪れる少子高齢化社会。人工知能が働く領域を奪う社会。そんな時代に社会で活躍できる人財の礎を築く。
我々、民間教育機関の使命です。そのためには、これまでの知識編重教育だけでは不十分。
何のために学ぶのか。誰のために学ぶのか。
明確に意識の中に刻みこむことこそ、折れない心を作り、夢の実現への第一歩です。

私たち社員一人ひとりが、子どもたちの「両親以上の存在」であることを自覚し、課題の解決に挑戦し、行動していきます。

  • 期待を越えよう!
  • 仲間達と刺激!自分を見つめ!成長する!
  • 豊かな創造性を実現させよう
  • 革新と挑戦
  • 素直でいよう 「子ども」恐ろしいほど素直で正直な存在です。子どもが考えることろに意外と真実があることが多いです。残酷な一面を見せることもあるけれども、人と心を通わせる、人の役にたつ、人を助ける、人に好かれることに、大きな喜びを感じています。これが、人間の本来の姿のような気がしてならないのです。