そろばんと公文の違いって?

よくあるご質問です

そろばんと公文、どちらを習わせたらいいのでしょうか?

これ、生徒の保護者様からしょっちゅう聞かれます‼︎

ママ友からもよーく聞かれました。

 

公文って素晴らしいです

実はうちの長男も幼稚園から小学2年まで通わせてました‼︎笑

わたし自身が公文を知らず、そろばんと公文と比較することはできないですもの(*^_^*)

 

公文は先取りができます

小学生でも中学過程のプリントを解く子はザラにいるようです

毎日のプリントに向かう習慣もつきます

小学低学年で、中学生が解くような問題をスラスラ解いて、我が子を天才か⁈と勘違いしてしまう気持ち、よくわかります。。

わたしもそうでしたから。。(*^_^*)

 

公文は素晴らしい‼︎

ただ辞めてしまった途端、もしくは違う単元に入った途端に、ぜーんぶ忘れてしまうようで、いざそれを習う中学の学年のとき、一から普通にやってました、、

あくまでうちの子の場合です…

ただ、机に向かう習慣はつきました

当時の記憶はなくなっていても、小学低学年で理解できていたのだから当然すぐ理解します

 

と、ここまでは素晴らしい!

 

ただ、うちの子の場合、、

高校生になり理系には進みませんでした。笑

 

いや、正確には理系から文系に変わりました

公文でトロフィーいただいたり冊子に名前載せていただくほどであっても。。泣

 

ちなみに息子は中学入学まで全く英語教育は受けずに中学生になりましたが、いまの1番得意科目は英語です…

 

あ、大切なことを忘れてました

計算だけはきっと、かなり早いと思われます

 

まとめると、、

そろばんで培った暗算力は、そろばんを止めようが何十年経とうが、なくなりません!忘れません‼︎

 

まとまってないですか?( ̄▽ ̄)

 

長くなりすぎるので、次回に続く。。

お読みいただきありがとうございました。

 

 

emiko

 

 

 

 

 

トップへ戻る