生徒&保護者様のうれしい!実感コメント

  

生徒さんの中には小学校からずっと高校生になっても SS に通ってくれている人や兄弟で通ってくれている人が数多くいます。
保護者様からも他塾はもう考えられない!と、大切なお子様を預けてくださっています。
そんな SS っ子から寄せられたありがたいコメントを紹介します!

今では勉強が大好きです!
今では勉強が大好きです!

苦楽園校 中学3年生

小6の冬にここに来て勉強を始めました。本当に勉強が嫌いで、何のためにするのか分からないまま過ごしました。心に何の変化もなく、2年緒冬まで過ごしました。私には兄がいたので、中1の頃から高校入試については考えていて、県立西宮高校を受けることは決めていました。しかし、初めての実力テスト(中2の2月)の5科目合計が294点で、諦めていました。そして、3年になり、より部活が忙しくなり、勉強がよりできなくなり、3年の初めの実力テストでは314点、内申点177点で、学校の懇談では、受けるのは難しいと言われました。そこから少しがんばろうと思えるようになりました。夏休みは、朝9時~夜10時まで勉強し、合計452時間勉強しました。合宿もあり、夏休みで勉強が大好きになりました!
2学期からは、死ぬ気で内申点を上げるための努力をしました。しかし、9月の実力テストでは、340点で、足りなかったです。でも、自分を信じて勉強し続け、中間テストでは399点をとりました。最後の実力テストは、379点でした。そして、内申点は207.5点。30.5点も伸びました。懇談でも、受けていいと言われ、喜びが大きかったです。
1月になり、過去問を解くと、半分正解できるかできないかくらいで、合格は厳しいものに思えました。しかし、「落ちそう…とか、不安だ…」などと一切口にせず、手やカイロに『合格おめでとう』と書いて、毎日見ていました。まったく落ちたことは考えずに、合格後のことばかり考えていました。塾の先生の言うとおりに、脳に言い聞かせていました。入試当日も、まったく緊張もせず、楽しめました。この考え方ができたのは、塾のおかげです。そして、こうして今、県立西宮高校に合格することができています。自分を褒めたいですが、感謝しきれないほどたくさんの人に支えられました。母や祖父母などの家族。そして塾の先生。本当に感謝しています。ありがとうございました。今は、勉強が大好きです♡


夏合宿で心に火がついた
夏合宿で心に火がついた

甲子園口校 中学3年生

僕は今回、平成三十年度兵庫県公立高校入試で、西宮市立西宮東高校に合格することができた。思えば、一年半前、SSに入塾したときに、「北高校レベル」と言われたときから、僕の逆襲劇は始まっていたのだろう。それまでの僕は、部活を終えたら食事をして寝る、という怠惰な生活を送っていた。たいして勉強もせず、テストはいつも平均点程度だった。
でもSSに入塾してから勉強する習慣ができた。そして、一番僕を変えたのは、夏だと思う。西宮東高校の説明会と、SSの夏合宿だ。説明会では、行きたいという意志が固まり、夏合宿では、心に火がついた。それからは、テストで400点以上を取ることができ、内申点も20点ほど上がった。これも、家族、学校、SSのおかげだろう。本当にSSに入塾してよかったと思っている。これからも勉強を続けて、将来のためにがんばっていきます。


勉強の楽しさに気づけた夏
勉強の楽しさに気づけた夏

甲子園校 中学3年生

中学1年生の終わりに入塾し、今までまったくしてこなかった勉強を、これでもかというくらいたくさんしました。1年生のときには、5科目合計が300点台前半だったのが、2年生のときには、400点辺りまで伸びました。本格的にやり始めたのは3年生になってからです。夏休みに合宿に参加して、やっと受験生の自覚が持てました。3日間に及ぶとてつもない勉強量、死ぬかと思うくらいしんどかったです。でも、そこで、「勉強の楽しさ」に気づけました。
冬休み、年末特訓には自ら参加しました。焦りを感じていたからです。年末特訓の「模擬入試」でも合格を勝ち取りました。大切なのは、「どれだけ一人で勉強と向き合えるか」ということだと思っています。最後に大切なのは、「自分」です。そうして、僕は、西宮東高校に合格することができました。ありがとうございました。


合宿で自信がついたようです

甲子園校 中学3年生保護者

1年生の終わりからお世話になりました。成績は中の中くらいで、このまま下になってしまったら大変だと思い…。小学校の頃はできていると思っていたのに…。
家では全くと言ってよいほど何もしないし、鳴尾高校になんとか入ってくれないかとの願いからのスタートでした(笑)。
1年生の中連体でチラシを配っていただき、以前より大好きなライトグリーンの看板も気になっており(笑)、ご縁があり、2年生で成績がグーンと伸び、西宮東高校に行きたい!!と全く無理だと思っていたのですが、結果、無事に、なんと!その東高校に合格できました。感謝感激です。
3年生で、内申点が低く落胆したり、ダメかと思ったこともありましたが、先生に相談に乗ってもらったり、励ましてもらったりで、何とかがんばれました。本人の最後のラストスパートは、我が子ながら、感心でした。塾の合宿は、何よりも自信がついたようです。高校でも引き続き通わせようと思いますので、今後ともよろしくお願いします。


諦めない心の大切さを学んだ
諦めない心の大切さを学んだ

逆瀬川校 中学3年生

中3になるまで全然勉強していなくて、中3になってから急に勉強しなければならなくなって、自分一人では何をしたらいいのか分かりませんでした。しかし、塾があったおかげで、勉強の仕方が分かったのだと思います。夏休み、合宿に行って、睡眠時間を大幅に削って朝の4時くらいまで勉強させていただいたり、年末大みそかの時間を使ってまで塾で勉強させていただいたのが功を奏したのか、第1志望校に合格できました。山中代表率いるSSゼミナールには本当に感謝しています。講師の先生にも感謝の気持ちしかありません。毎日毎日塾に来てくれて、質問に答えてもらって。
そして、一番感謝すべきなのが親でしょうね。塾に高いお金を払って通わせてくれたからです。今思えば、SSに通ってよかったと感じています。負け続けて劣等感だらけだった僕が、唯一勝てたこの受験はとてもいい経験になりました。僕は受験を通して、感謝の気持ちと諦めない心の大切さを学びました。


受験を楽しんだ
受験を楽しんだ

逆瀬川校 中学3年生

僕は家で勉強することが苦手で、ほとんど家庭学習をしなかったと思います。しかし、その分、SSでしっかりと勉強することで第1志望校に合格することができたと思います。特に、英語や社会などの苦手だった教科をきほんてきな 部分から学ぶことができたのがよかったと思います。自分の苦手な部分をSSの授業で学んで、自習の時間に少しずつ復習することができ、合格にとても役立ったと思います。
また、受験前日に、先生から電話がかかってきて、「がんばれよ」などとコメントいただき、当日の受験を楽しむことができたと思います。支えてくれた先生たちや家族に感謝しています。


コンテストでいつも満点にしました

コンテストでいつも満点にしました

甲子園口校 中学3年生

1年からの英単語の積み重ねがとても大切だと思いました。わからないことを「わからない」と投げ出すのではなく、それをそのときに一つひとつ丁寧にわかるようにしていかないと、3年生になったときにしんどい思いをすると思いました。夏の合宿や年末特訓では、特に、暗記に力を入れました。一度暗記すると、けっこう忘れないので、オススメします。
また、塾に行き勉強することで、自然と自習する時間も増えます。毎回の授業のはじめにあるコンテストでは、いつも満点を取れるように努力するとテストの点数に結び付きます。受験前に、多くの人からの応援をもらい、それが力になり、第一志望校に合格しました。


SSだったからこそ!
SSだったからこそ!

甲子園口校 中学3年生

やはり、夏合宿の影響が一番大きいと思います。最初はとても厳しく、とても精神的につらくなりそうだった感じがあり、正直、嫌に思っていました。ですが、やっていると分かったことが、勉強の大切さ、高校受験の大変さ、2学期からの過ごし方の重要性です。それらを、じっくりと考えることができた4日間だったと思います。SSだったからこそ、今回の受験は成功し、とてもよい思いでの1ピースになったと今でも思います。
親に支えられ、先生方に元気づけてもらい、友だちと一緒にがんばってきたこの1年間は、僕にとって意味のある、未来へ繋がる大切な一歩を踏み出せた1年でもありました。僕の中でとても印象強い先生は、廣田先生です。夏合宿のときから、一緒にがんばっていこうと勇気づけられたおかげで、この2学期、3学期を乗り越えることができました。今の僕があるのは、皆さんのご協力があったからこそだと思います。こんな僕を最後まで支えてくださり、本当にありがとうございました。これからも、一歩一歩先へ進めるようにがんばるので、応援よろしくお願いします。


ここでなら変われる!
ここでなら変われる!

阪神西宮校 中学3年生

2017年の年明け前、私は親に連れられてSS阪神西宮校に来ました。SSに来たときの正直な気持ちは、たかが塾、何が変わるのか…という思いでした。しかし、いざ冬期講習を受け始めると、その気持ちはすぐに変わりました。ここなら変われる。最初の授業を終えた日から、そう思い始めました。ここなら変われるという思いを胸に刻み、勉強を今までにないくらいがんばりました。
私は、この4か月間、SSで他の受験生とともに勉強に励みました。その中で良かったと思える点が一つあります。努力することの大切さを知れたことです。人生で、久しぶりの努力をしたことで、第1志望校に合格できたので、将来、努力しなければならないときが来ても、また努力できるでしょう。最後に、私を支えてくれた家族に感謝のことばを送ります。この15年間、支えてくれた家族、ゲームして親とケンカするだけのバカ息子をここまで支えてくれて、ありがとう。これからも、よろしく。


毎日SSで合格を想像した
毎日SSで合格を想像した

東夙川校 中学3年生

私が一番行きたかった高校に合格できたのは、本当にSSの先生のおかげだと思います。夏休み、みんなが夏期講習で勉強している中、私は入院しており、みんなより一歩遅れているように思い、焦っていました。でも、私が退院した後、少しでも分からないところがなくなるようにと、授業や演習で細かく教えていただきました。また、私は、吹奏楽部に入っていました。そのため、運動部が引退して、勉強に力を入れているのを見て、「このままで本当に受かるのかな」などの不安な気持ちに何回もなりました。しかし、そんな不安な気持ちは、先生の「大丈夫」という一言で、一瞬で消えてしまいました。
冬期講習では、勉強以外にもたくさんのことを学びました。毎日SSで合格したときの想像をしていたから、本当に合格できたのだと思います。初めて、勉強が楽しいと思えたのは、冬期講習です。自分で間違えたところを見直し、その問題が解けるようになったとき、自分で勉強することの意味をようやく分かったような気がしました。私は、高校受験を通して、先生、家族、友だちの応援がなかったら、最後まで駆け抜けることはできなかったと思います。受験は一人ではできないものだと初めて知りました。これまでの1年間、何度も諦めかけたけれど、その度に、先生のお話でがんばろうと思えました。ありがとうございました!!


心配なことがあれば、いつでもSSで解決!
心配なことがあれば、いつでもSSで解決!

東夙川校 中学3年生

私がSSに通い始めたのは、中学2年生の終わりごろです。もともと塾に行くつもりがなかった私は、全く志望校など決めていなかったし、1年後に受験だという自覚は全然ありませんでした。最初の面談で、丁寧に受験のことを教えてもらい、一番レベルの高い公立高校を目標にしました。しかし、もともとだいぶチャレンジだったこともあり、内申点が思うように伸びず、志望校決定にとても悩みました。そんなとき、親身になって話を聞いてくださったり、相談に乗ってくださったりしたのは、SSの先生方や友だちでした。
そして、私は、3年生の2学期の終わりに、「県西推薦」を受けると決めました。結滞した時期が遅く、内申点も低く、不安でいっぱいでした。そんな中、無事合格できたのは、本当に手厚く対応していただいたおかげです。心配なことがあれば、すぐに温かく対応していただいたことで、緊張も和らぎました。そして、今回の自分の第1志望に向けての挑戦の過程では、たくさんの人にお世話になりました。ご指導していただいた先生方、励まし合い、一緒にがんばった友だち、そして、何があっても支えてくれ、応援してくれた家族。感謝の気持ちを持ち、高校でもまた新たな目標に向けてがんばります。ありがとうございました!


5科目合計70点UP!
5科目合計70点UP!

東夙川校 中学3年生

私は中3の夏からSSで勉強を始めました。覚えた単語の数を増やしたくて参加した夏合宿では、難しい問題や複雑な単語に挑戦しました。模擬入試にはトップで合格し、私は、夏合宿での目標を達成することができました。夏合宿で得られた少しの自信を元に、SSで沢山の先生方に教えてもらいながら、必死に勉強しました。その成果で、2学期には5科目合計を70点近く上げることができました。こうして私は、推薦入試を受けられるようになりました。
その後、私は廣田先生に面接や小論文のやり方を一から教わって、何度も練習しました。ここで練習できたことが、何より合格につながったのだと思っています。私は、勉強するのが嫌いでした。だから、成績がすごく悪かったです。その私に勉強する環境を与えてくれたお母さんや、理解しない私に何度も優しく教えてくれた先生に感謝したいです。ありがとうございました。


心の支えになった家族に感謝
心の支えになった家族に感謝

苦楽園校 中学3年生

入試当日まであきらめず、自分の立てた目標達成のために努力しました。私は中学1年生のときから目標高校が決まっており、一日一日の学習を少しでも充実したものにして身に付けられるように意識してきました。定期テストや授業で分からなかったところを何度も繰り返し解き、先生に聞きに行って習得できるようにしました。私がSSに入ったのは入試直前の冬。毎日長時間の授業と宿題に、逃げ出したくなったこともあります。けれど、先生方の暖かい心遣いや声掛けがとても心の支えになり、大変な中ではあったけれど、がんばってよかったな、と思えました。授業以外でも詳しく教えてもらえて、とても力をつけることができました。
家族をはじめとして、たくさんの人に支えてもらい応援してもらって合格を掴めたのだと思います。毎日忙しい中、お弁当を作ってくれて送り迎えをしてくれて、心の支えになってくれたお母さんには感謝の気持ちでいっぱいです。これからの高校生活でも一生懸命努力して、少しでも感謝の気持ちを返せるようにします。


「がんばった」というより「楽しんだ」

苦楽園口校 中学3年生

私は小6の春に入塾しました。体験授業を受けて、楽しかったからです。しかし、今思うと、面談のときに私の親に先生が、『お子さんにどういう風になってほしいですか?』などと将来のことを話題にしていたのも理由の1つだったと思います。当時はよく意味がわからなかったのですが、中3になって少しずつわかるようになりました。勉強以外の話を聞いていなければ、私は国際高校を目指していなかったと思うし、ここでの勉強がきっかけで、外国に興味をもち、たくさんの人と話せるようになりたいと思うようになったのです。そして、勉強が好きになり、高校生活やその後の将来が楽しみになりました。
夏休みは、入試のために「がんばった」というより「楽しんだ」という感じがします。中2までの自分にはまったく想像できていない姿です。さらに、高校の勉強が楽しみすぎて、高校が決まる前から予習をしたり、高校生活を想像したりしていました。この塾に入れてもらえて本当によかったと思います。両親がいなければこうはなれていなかったと思うと、感謝してもしきれないです。先生方、お母さん、お父さん、ありがとうございます。


楽しく勉強できました!

芦屋東山校 中学3年生

正直に言うと、中学2年生まで塾以外でまともに勉強していませんでした。学校の授業は、けっこう寝ていました。3年生でもそれを補ってくれたのが、SSです。だいたいのことは、SSの授業で理解できました。SSは面白い先生たちばかりなので、楽しく勉強できました。
また、家でも、家族への感謝の気持ちを持つことができるようになり、3年生では家庭学習もがんばれるようになりました。ストレスも溜まりにくかったので、よく勉強できたと思います。本当に感謝しています。ありがとう。


SSで丁寧に教えてもらった

阪神西宮校 中学3年生

私は受験生という自覚がなく、受験勉強に取り掛かるのが遅かったです。そのため受験日が迫ってくると慌ててしまい、もう少し早めに取り組めばと後悔しました。勉強面でがんばったことは、一次関数の応用を解けるようにたくさんの問題を解いたことです。英語では、発音を見分けられるように、国語では、古典の意味を理解できるように練習しました。家で問題を解いて、間違えたらSSで丁寧に教えてもらって理解できるようになったのでよかったです。何回も何回も過去問題を解いて、分からないところをなくしたのが、かなり自分の力になったのではないかと思います。
私が受験勉強でしんどいとき、「がんばれ」と周りからの応援があり、一生懸命に働いて、塾のコマを増やし、いつでも支えてくれた両親には感謝の気持ちでいっぱいです。受験日にお姉ちゃんがメッセージ入りのお菓子をくれたことや、受験前日に先生方に「がんばれよ!」と言われたことが、とても嬉しかったです。自分がここまでがんばってこれたのは、いろいろな方々が応援し、支えてくださったからだと思います。本当にありがとうございました!


中3特訓で点数UP!

阪神西宮校 中学3年生

私は部活が他の人よりも長く、SSゼミナールに通い始めたのは10月からでした。周りのひとに追いつけるかな、勉強を始めるのが遅かったかな、と心配ばかりしていました。でも、SSに通っていると、丁寧に詳しく教えてくれて、だんだんと自信がついてきました。中3特訓では、1年生~3年生までの範囲を分かりやすくまとめてくれたり、問題を解くポイントを教えてくれたりしてくださって、短い間でしたが、たくさんの知識が増え、点数を上げることもできました。通常授業では、難しい問題を、私が理解するまで1つずつ教えてくれて、入試本番でも解くことができて、とても嬉しかったです。
私がこうやって勉強に集中できたのも家族が全力でサポートしてくれたからだと思います。塾の時間に合わせてご飯を作ってくれたり、送り迎えをしてくれたりして…。たくさんの方々に応援してもらい、支えられて、無事、志望校に合格することができました。SSに通っていて、本当に良かったです。ありがとうございました。


年末特訓で、勉強が楽しくなった

東夙川校 中学3年生

私がSSに入塾したのは3年生の11月。それまでは公文に行っているだけで、塾にも行っていませんでした。まわりに比べて、かなり遅い入塾だったと思います。正直、入ったときは、『今さら塾に通って何か意味があるのかな』と思っていました。でも、入ってから、勉強に対する考え方が変わりました。今までは、勉強を「させられている」感じだったけれど、SSに入ってからは、勉強を「自らする」ようになりました。
年末特訓では、勉強を楽しい、と感じることができるようになっていました。そう思えるようになったのは、SSの先生たちのおかげです。個別で授業をしてくれた先生。年末特訓で一日中私たちの勉強に付き合ってくれた先生。深夜特訓で夜遅くまであきらめずに勉強を教えてくれた先生。受験勉強に関わってくれたすべての先生に感謝してもしきれません。先生たちのおかげで合格できたと言っても過言じゃないと思います。そして、一番そばで支えてくれた両親と友だちにも感謝です。受験勉強を通して、勉強のことだけではなく、人に支えられること、人を支えることの大切さを学ぶことができました。

<

やる気を見事に引き出してくれました

阪神西宮校 中学3年生保護者

中2の二学期から西宮に転居し、情報ゼロからの塾探しでした。学校の面談の際に、担任教諭に相談したところ、「たしかに殆どの生徒が塾に通っているようですが、塾の課題に追われてしまい、学校の授業が疎かになってしまうのはどうかと思います」とアドバイスを受けました。娘も部活動に熱心に励んでおり、運動は存分にやらせてやりたかったので、詰め込むタイプの進学塾には抵抗がありました。補習塾的な感覚で選ばせていただいたSSでは、期待通りに、楽しく通塾させていただいたようです。各教室長さんを筆頭に、細かい気配りとフレンドリーな講師陣のおかげですね。反抗期の年頃もあり、家庭では学習は殆どしませんでしたが、塾だけは自ら進んで通いました。
部活を引退した3年の夏からは、中3特訓や合宿を通じて、本人の「やる気」を見事に引き出していただきました。個別授業のない日も自習室を使わせてもらい、自主的に毎日通塾しだしました。結果として、入塾前には中の下くらいの成績でしたが、みるみる飛躍し、志望校も上方修正し、見事第1志望校合格を果たしました。学校の授業を疎かにせず、高い内申点をいただけたことも幸いしたと思います。がんばったのは本人ですが、「やる気」を引き出してくれた貴塾には感謝しております。本当にありがとうございました。